読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は、はれる。

ボロボロになった私の心は、もう、ごまかせないよ、と訴えている。

まだ、飲むのをためらっていた薬。

ないてばかりいるの、と言って

処方していただいた薬。

一度飲んだら、なくてはいられなくなるだろう。

それより、こんな雨の降る日、

どこかで聞いた大スターの死。

     近くにころがったビン。

ふと、考える。

楽かな。

 

ごめんね。

もう、束縛しないから、依存もないわ。

甘えて、夢を見たんだわ。

励ましも、厳しさも、いらない。

 

ただ、寄り添ってくれる真実の愛だけがほしかった。

言い様のない寂しさが襲ってくると、

手の指先から、涙がながれるのじゃないかしらと思うほど、

指先が痛い。

 

だから、支えてなんて、ごめんね。

叱られて当然よね。勝手に死ねばいいのにね。

ただ、困らせただけの日々。

時間を無駄にさせて困らせたね。

 

ずうっと、私の支えだったの。

会えなくても。今までも、ずっと。

信じていたから。

大好きだった。けど、自分に自信がなくて諦めていた。

 

ずうっと、昔、昔ばなしみたいね。

前髪にキスしてくれたの。

それが嬉しくて、それ以上のキスはありえなかった。

だから、あなたからのキスも抱き締められて髪をなでてもらえることも、みんな、夢の中のことのように幸せだった。

 

罪は罪。

けれど、主の御心がわからず、苦しいです。

教会では、みなさん握手してくださる。ハグもしてくれる。

牧師の、先生と握手すると、見透かされたように涙があふれる。

 

「主イエス様が私のために十字架にかかられた。」

わたしは、すくわれた。

 

主イエス様、もう、一人で立っていられません。

主が私を歩ませてください。

私に降り注ぐ雨も、与えられる試練も、可愛らしい子どもたちも全てに感謝します。 アーメン。