信仰がなければ

愛する天のお父様。

     感謝いたします。

 

     主よ。

     主よ。と、呼んでいるのに、

     なかなか、心がはればれとしないことがあります。

 

     原因は、分かっています。

          人と人との関わりにあります。

 

     人を見ずに、あなた様だけを見たいとおもいます。

     私には、イエス様。

          あなた様がそばにおられるのだから。

          何が襲ってこようと。

 

     人は、ずるくて、弱くて、

     キリスト者だと言って、高ぶることもあれば、

     妬ましく、裁く者もおります。

 

     目には見えない空気。

     その中で、苦しくなることがあります。

 

愛する天のお父様。

     あなた様を心から信じる信仰がなければ

     神様は喜ばれることができません。[ヘブル11:6]

 

あぁ、愛する天のお父様。

     あなた様の御前に、真っ白な私でありますように。

あぁ、まことに、真実の信仰によるお祈りができますように。

     自身のためでなく、救われますよう、多くの人のため、

     祈ることができますように。

 

愛する天のお父様の御名を

        讚美してお祈りいたします。

               アーメン

私たちは、切り花です。

愛する天のお父様。

     感謝いたします。

 

     今日も、あなた様の御腕に抱かれ、

     あなた様を讚美することができましたから。

 

     あなた様だけを崇め、あなた様だけを見て、

     あぁ、歩めますように。

 

     人を見ず、神様だけを見て。

 

     あぁ、主よ。

     あなた様は、私の心の中を探られます。

     清めてください。

     真実の帯を腰にしめ、あなた様を盾にしていても、

     あぁ、私は直ぐに弱りはててしまいます。

 

メッセージでの、例えで、

先生が、「私たちは、切り花です。接ぎ木をしないと、生きてゆけません。」

と、話されました。

 

なんて、分かりやすいのかしら。

私たちは、主に留まっていないと、

生きてゆけません。

 

感謝いたします。

 

あぁ、愛する天のお父様の御名を讚美して

        お祈りいたします。

                 アーメン

枯れてしまわぬように。

愛する主イエス様。

    私は、いつまで待たなければならないのでしょう。

 

    あなた様の愛の内に歩み、

    あなた様の与えられる試練に訓練され、

    あなた様の戒めを守ろうと、生活しても、

 

    あぁ、愚かな私の目は、人を裁き、

    醜い私の口は、人を傷つけてしまいます。

 

    自分が、いかに美しいというのでしょう。

    私自身が、いかに正しいというのでしょう。

 

    あぁ、それでも、

    この人とは居たくない。

    ここには、居たくない。

    なぜなら、私が、壊れてゆくから。

 

    主よ。そういうことがあるのです。

 

    主よ。

    人の心を考えない人はきらいです。

    主よ。

    微笑みのない場所はきらいです。

    微笑みのない人もきらいです。

    

    逃げ出したい気持ちになります。

    心が壊れてゆくから。

 

    助けてください。

    みことばを、雨のように降らせてください。

    御翼で、私を包み込んでください。

 

あぁ、愛する、愛する天のお父様。

愚かな私の心を探り、あなた様の御手を置かれ、

私を癒してください。

 

    明日、目覚めたとき、枯れてしまわぬように。

    あなた様のみことばは、私の水。

 

愛する天のお父様の御名を讚美して

              お祈りいたします。

                       アーメン

驚くばかりの道

愛する天のお父様。

     感謝いたします。

 

     あぁ、あなた様のそなえられた驚くべき道。

     それは、人知をはるかに越えて

          まことに、私たち人間は

           ただ、ただ、驚くばかりです。

 

     私がこの世に生まれるより、いえ、はるか遠い昔から、

     邪悪な道も、あなた様に向かう真実の道も、

     なんら揺るぎなくて備わっておりました。

 

     また、人が人として、愛し、愛され、また、愛しいと、

     真実、思う心も、変わらず備えられました。

 

 主よ。感謝いたします。

     あなた様の与えてくださった憐れみ、導き、それらを心に刻むことに

     よって、見知らぬ人とも、はじめてで会う人とも、

     あぁ、あなた様の愛の内に、祝福がありますようにと、

     栄光がありますから。

 

あぁ、主よ。

     私のなにもかも、あなた様に委ねます。

     私には、なにもできませんから。

     あなた様が、私の手を引いてください。

     私を用いてください。あなた様の栄光のために。

 

愛する天のお父様の御名を

        讚美して、お祈りいたします。

                   アーメン

すべてをささげ、すべてを委ね

愛する天のお父様。

     感謝いたします。

 

    私が今、微笑んでいられるのは、まことに、あなた様が

    私を愛してくださるからです。

    人は、手にできるすべてのものは、まさしく、自分が勝ち得たものと、

    勘違いしてしまいます。

    すべては、主のご計画。

    すべての御めぐみは、神様が与えてくださっているのに。

 

    愛する天のお父様。

    あなた様にすべてをささげ、委ね、

    あなた様の御心に叶う歩みだけができますように。

 

 

    あぁ、あなた様がいらしたとき、

    あなた様の御前に、

    清く、真っ白の私でありますように。

 

愛する天のお父様の御名を讚美して

        お祈りいたします。

                    アーメン

 

希望

愛する天のお父様

    感謝いたします。

 

    こんなにも、こんなにも、あなた様の愛を

          身体で感じることができるからです。

    あなた様の真理の御ことばは、まことに、真実で、

    あなた様に、すべてを委ねることこそが、

          あなた様の慈愛を確実に受けとる姿勢。

 

あぁ、愛する天のお父様。

    私のもろく、儚い信仰は、あなた様の御ことばを

    時折、いえ、よく忘れてあなた様から離れて

    私は迷子になります。

    あなた様の愛の中にいて、輝いていたいと、

    そう、願っているのに。

 

 

主よ。

私は、希望という文字が好きです。

どちらの文字にも、輝く未来が感じられるからです。

 

 

主よ。

未来も、希望も、あなた様のもとにそなえられています。

あなた様を信じて歩んでこそ、未来に通ずる道です。

 

あぁ、あなた様を一人でも多くの人が、一日も早く受け入れることができますように、

そのために、私が用いられますように。

 

 

愛する天のお父様の御名に讚美して

        お祈りいたします。

                   アーメン

いついかなる時も、

愛する天のお父様。

     感謝いたします。

   

   あぁ、私が何処にいても、何をしていても、

   主よ。あなた様はともにおられ、そして、

   私を見守り、支えてくださいますから。

 

   主よ。

   あなた様の真理の帯を、どうぞ私の腰からほどけることの

   ないように、また、あなた様の愛に輝く瞳が、

   いついかなる時も、曇らぬように。

 

   愛する天のお父様の御名を讚美して     

          お祈りいたします。

                 アーメン