読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主イエス様の光をあびたい。

主イエス様、あなた様に感謝し、祈る手が、

手の指先が、今も痛い。

主イエス様、助けて。

      罪でも、悪でも、彼を愛したいと思った。

けれど、今は、

私が結婚を決心した時のように、

      泡になって消えてしまいたい。

主イエス様に祈る手は、毎日私の顔を覆い、

      涙で溢れる。

こどものように、声をあげて泣くこともないけれど、

痛い指先から、血が流れおちているのじゃないか。

 

私は、私は、そんなに罪深いですか。

私の思いは、そんなに自分勝手で、嫌われ、迷惑だったのでしょうか。

その償いは死ですか。

明日は教会へ行きます。

 

あたまの上から、主の光を浴びたい。