読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはよう、うぐいす。

おはよう、うぐいす。

雲、ひとつない空だね。

先生は、滝桜のスケッチに行かれたかしら。

 

私は、贅沢?

自分の足で歩いて空を見上げることもできるのに。

いつだって、空はあって、

太陽の光も、月の輝きも、星の煌めきも、

風の囁きも

花の香だって、

私は、いつだって、自分の意志で歩いて感じることが出来る。

身近に、車椅子がからだの全てという人がいるというのに。

 

良い天気。

教会から帰ったら、

要らないもの処分しよう。

 

 

リセット。

いままで、なぜか聞くのが

苦しかった。

 

後ろ向きでは歩けないわ。

後ろに崩れ落ちそうなゴミがあるなら、要らないものが

あるなら、

捨てるべき。

 

空だって、雲ひとつなくても、

また、生まれてくる。

白い雲の時もあるし、

     黒い、嵐の雲の時も。