読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼろぞうきん

ボランティアに行って、逆に

元気をいただいてきた。

 

ずたずたに切り裂かれた心は、

     ぼろ雑巾。

どんなに、たたんでも、

     ぼろはなおらない。

まさか、

    こんなに傷ついているなんて。

自分自身気づかなかった。

仕事では、子どもたちに癒され、楽しい会話ができるのに。

 

もう、むり。

 

もう、笑顔になれない。

私は、子どもでも、赤ちゃんでもない。

 

嘘つかれ、ごまかされ、嫌われてまで、

こんなこと。

 

本当のあなたはどこなのか、と、

抱きしめてくれた、

あなたを信じたかった。

 

でも、会ってももらえないのに、

ひどすぎる。

もう、むり。

きらい。

ぼろぼろ。

力が余ってはしるのじゃないわ。

泣きたくて、苦しいから走るの。

 

もう、会わない。

だから、安心して。

神様が離してくださったのかも。

 

くるしくて、くるしくて。

 

私は、昔から、不良で、世の中のモラルに反していたのだわ。

ごめんなさい。

猫みたいになでられて、幸せでした。