読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさかの雨に。

あんなに、暖かな日差しがあったのに、

まさかの雨。

さっき、雷も少しなったかな。

 

オノ・ヨーコさんが、「そこに、神様が介在してくださって

いるときがあります。」と、おっしゃられていたのをおもいだす。

神様のなさる業は、私達人間にははかりしれない。

桜の花が美しい。

去年は、もっと美しかった。

雪柳、れんぎょう、も。

けれど、この時期、熊本では人知をこえた大地震が起きた。

 

9*11のあと、広く読まれた詩集を読んだことがある。

「最後だとわかっていたら●●●●●●●●●●●」

ほんとうに、そう思った。

 

愛する者との最後だとわかっていたら、なん十回でも、

「愛しているよ。」と抱き締めるでしょう。

どんなに、尽くしても、尽くしても、

後悔はのこります。

 

大好きだったぱぱ、ままが天国に。

大好きだったワンちゃん、ねこさんたち。

子どもの教科書にある エルフ のように、

言ってあげる。

「ずっと、ずうっと、大好きだよ。」

 

雨が上がった。

よかったね、桜。

今夜も、あなたの下を、私、はしるわ。

ずっと、ずうっと、大好きだよ。