読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはよう。きらきらの朝。

私の好きな作家が、

   ゆっくり、ぼちぼち  生きたい、らしい。

どこかで、何度も耳にしたことがある。

その度に、無理、と呟いた。

私の性格が、いつも先を急ぐから。

そして、結果を急ぐ。

結果を出さないと何時までも心が落ち着かない。

ざわざわ、わさわさ。

 

けれど、

 

美しいものだけを見て、油絵なんか描いて、

ハーブティーなんか入れて、

そんなの、良いかも。

 

自分のなかに汚れたらものも、見ずに過ごせたら、

     そんなの、

     ありえない。

誰かを傷つけて、苦しめて、

生きるのは嫌。

なのに、ふてぶてしく、食べ物をたべ、

     生きている。

 

ある時、友人にイラストを送った。

私の中にどれだけの天使がいるの?と、喜んでくれた。

その頃も、本当にやさしいもの、美しいもの、を求めていた。

優しさにふれたかった。

愛されたかった。

傷ついて、耐えて、笑顔で、幸せそうにわらって、きれいにして、

仕事で立ち寄る、父の部下が、いつもおきれいですよね。なんてお世辞を言って笑わせてくれた。

 

 

 

好きな作家は、まだ、まだ青い鳥の真実を求めているのかしら。

 健やかな体があること、とも言っていたけれど。

初めて就職したところが印刷会社で,寝る時間どころか食べる時間もないほどのところで、体調を崩し辞めた。次の会社は人情味のある会社で、休むのも大切。食べなさい。お茶しなさい。

その会社で仕事をするようになって思った。

心も体も健康じゃないと人に優しくなれない、と。

 

私にとって人魚は、永遠のテーマだと思っている。

いつか、ほほえんでいる人魚を描きたい。

私の人魚はいつも苦しそう。

     もがいて、あがいて、

  さっさと、泡になれ、です。

 

少し、天使を探そうかな。

人魚は、    苦しい。

春の花の中に、見つかるかもしれない。

こちらを見て、

あっ、みつかっちゃった。なんて。
f:id:hmyumyu:20170413092224j:image