読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

振り返りすぎちゃった。

昨夜、寝る前に読んだ本に常用漢字について書いてあった。

1981年に、悠、が加わった。

そういえば、甥っ子の名前はユウキだけれど、すごく多いのを実感している。

なので、漢字で書くと、どのユウだったかな、とあやふやになる。

それから、30年後2010年、鬱、が常用漢字に加えられたのだと。

時代の匂いのようなものを感じる。

娯楽が増え、楽しみも増える中、温かみのない世の中に、人は鬱になっていくのかな。

会話は、文字のみになり、顔も見ないで話すからニュアンスに誤解がでる。

 

機械の音を頼りに生きるなんて、悲しすぎる。

花だって、「きれいなお花ありがとう。きれいだよ。」と話かけてあげると、いつまでも美しい花を咲かせてくれているように思う。

 

孤独は、人を痴呆にも、鬱にも、

病気にするの。

 

きっと、飼われているはずの、外に短いリードでつながれている犬、彼らも同じように思う。

何のために、このこ、飼われているの?

可愛そうに。

話かけてくれる人もなく、

水もなく。

寂しいよね。

 

結婚したばかりの頃、子どもの頃に読んだ少公女を思い出していた。

そのせいか、会う人に、幸せそうね、とよく言われた。

けれど、心の中ではいつも、「この家でようよ。ままの哀しみけすために。」なんて、歌がながれていた。

ルネシマールの緑の屋根という曲だったかしら。

 

振り返りすぎね。

また、お天気崩れそう。

ピンクメイクして明るく、明るく。