読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の初夢

毎年のことながら、85歳の母の初夢にはびくびくもの。

こういうのを予知夢というのだろうか。

その年に亡くなる人に関係のある夢をみる。

今年は、前もって、良い夢を見てね、と言っておいたけれど、私の育ての親の夢をみたという。

「なにママ、なにようがあるの。」

聞いたけれどわからなかったようだ。

私のことで母に会いに来たのだと思った。

 

今朝も泣いてしまった。

運命を恨むわ。前向きになんて今はなれない。

ただ、生きるだけ。

私を必要としてくれる人がいるなら生きる。だけ。

 

生きていたら、いつか、今だから幸せなのだと思える日が

くるのかしら。

もういい。もういい。

少しでも、ほんの少しでも、まわりのひとに愛されているうちに死にたいな。