読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お墓参り

父と祖母の月命日。

子供の頃にはなかった侘しさというのだろうか、愛しさというのだろうか、忘れずにお墓参りしたいと思う。

ついでになっているけれど、育ての親のお墓参りもしている。

「パパ、ママ、そばにいてね。」

死ぬときは、ここで、って思えるほど大好きだった。

苦しいの。苦しいの。

孤独すぎて、泡になって消えてしまいたくなるの。

多分、私は、かなり幸せなはずなのに。