笑顔が消えないうちに

連休中、たくさん、たくさんお仕事をしていたあなただから、

今日は、疲れが出ているのじゃないかしら。

今朝、3時頃、

ものすごい雷⚡の音に怯えていました。

その前は、

雨音に、目が覚めてしまいましたが。

 

こんな、雷のなる日は、

あなたに

しがみついていたい。

 

逢いたい。

 

さびしくて、くじけそう。

 

私の笑顔が消えないうちに、

       あなたに、

         逢いたい。

 

また、

ほったらかし?

時間のあるとき出掛けよう、は

       うそ?

仕方ないの?

 

苦しい。

 

また、

季節がかわるのかしら。

また、

 

ホトトギスのように泣くのかしら。

もう、

あなたの前で

泣き顔みせたくない。

 

わたし、

しあわせだから。

あなたといるだけで、

しあわせだから。

抱きしめていてくれるだけで、

しあわせだから。

あなたを愛せること、

あなたのこと大切に思えること、

しあわせだから。

 

私の笑顔が

あなたの癒しになれるように、

そう、思う。

広告を非表示にする