読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真実の優しさ、真実の愛がほしいだけ。

さっき、〇〇〇の証人さんとお話し。

  「良いお天気で、優しいご主人と、どこか行かれましたか。」

尋ねられたそばから、

涙がわきあがった。

そんな人ではない。

また、深い深い海の底に沈んでいくようだった。

 

桜が咲いた時は、愛する人にフラれ、心もぼろぼろになって、

同居人は十日も寝続ける。

そして、突然、

「メロン狩りに行ってくる。」と。

 

早く、別れよう。

神様、助けて。

もう、死にたいよ。

 

 

おれの老後の面倒みろ、とか、

ふざけないで、

かってに老後してれば。

顔もみたくないのに。

 

私は、

私は、

真実の優しさ、

真実の愛がほしい。