読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背中の白いちいさな羽。

明日は、何を作ろうか。

何をして楽しもうか。

子どもたちの笑顔に心が癒される。

 

今日は、突然、一人の先生が辞めていった。

なんで。

なにも言ってなかったじゃない。

 

私は、今、辞められない。

わずかでも、生活費になるし、

子どもたちの癒しがなかったら、

生きていけない。

 

やっぱり、

子どもたちは、天使だった。

 

嘘がなく、話ができるのがうれしい。

 

背中に、

白い、小さな、羽が

見える。