読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体じゅうで感動したい。

ぼやぼやしてはいられない、と思った。

真鈴さんというお嬢さんが、日々体を鍛えながら世界を制覇している。

その姿はオーラで耀いていた。

気づいたら時間がなかったのだから仕方ない。

しがらみに自分を使わなければならなかったのだから。

それでも、

父親や子どもたちの支えになってきたことは、

かけがえのない時間だったと思える。

 

自分の心が、立ち上がろうと

もがいているのがわかる。

 

絵を描かなくちゃ。

感じたい。

体じゅうで、

    なにかを感動したい。

中途半端じゃなく、

まるで、海の中に突き落とされるほどの。

    感動がほしい。

 

手のひらを、見つめる。

 

もう、涙、溢れないで。