読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな妖精が舞い込む。

暴風だ。

これで、また桜が散ってしまう。

昼間は、緩やかに散る花びらの中を車で走った。

仕事帰りには、路上で、あどけなく戯れる花びらを見ながら帰宅した。

けれど、この時間の風の様子では、無理やりに引きちぎられているよなうだろう。

扉を開けると、

小さな妖精が舞い込む。