読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

油絵の匂いに包まれ。

雨がやんで良かった。

分厚い雲からも、綻びから青い空が見えてきた。

 

いつぶりだろう。

大切な恩師に会いに行ってきた。

油絵の匂いに包まれて見たかったのかもしれない。

     自分の、

     今を

ほんとうの自分を、

     確認したかったのかもしれない。

恩師は、明るく、相変わらず、

なんだー、おめー、を連発する。

 

でも、わかってる。

先生は、私がどんなにか、せつなくて会いにきたことを。

だから、

帰るとき、

    春先は、眠れなくなるんだ。

    がんばれよ。

    またこい。

大先生になってしまった方だけど、私にとっては

真実、師とよべるのは先生だけ。

歯に衣着せぬところも、

全て正直なところも、

嘘のない会話。ケンザイ。うれしかった。

 

やっと画家になれた、それが嬉しい。

黄金の時間なんだ。と。

     わかんねーべなー。

わかりますー、と、ふぐみたいにふくれてやった。

 

私だって、アトリエから小鳥のさえずりを聞いて、

ふわふわクッションはネコの特等席。

ときどき、コーヒーや、ハーブティーを入れて、

私は油絵を描いて、

彼は、小説を書くの。書いてほしい。

 

暖かな陽射し。

縁側から見える、季節の花。

あなたと、見ていたい。

大好きだったパパとママのように。

 

叶わない夢だけれど。

    そんなところで、最期をむかえられたらすてき。

そう、油絵かかなくちゃ。

 

そう、私の絵で幸せになれるような絵を。

 

時間がない。

人なんて、いつ死ぬかわからないんだから。

キャンバスはらなければ。

    ファイト。