読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逢いたい 今

昨夜の嵐にも負けずに、桜の花が残っている。

嬉しくて涙が溢れる。

お願い、もう、雨、降らないで。

 

一緒に、桜、見ることも出来なかった。

クリスマスの約束もなかったことに。

そんなに、嫌われたの?

 

嫌われてまで会えないよね。

たとえ、桜がさいた。でかけよう、といわれても、

どう、返事するのが正解なのかわからなかった。

笑顔になれない自分がいた。

 

大好きなはずなのに、

心にからまったいじわるな糸は、本当は、

ほどけるのか、やわらかいのか、優しい糸なのか、

本気で苦しめた糸なのか、

わからない。

 

ただ、本当のあなたの心の内を聞かせてほしかった。

冷たい手を温めてくれたのも、

キスも、

誰にでもできたもの。

私は、あなただから、ゆるした。

  手も、唇も、

 

逢いたい。逢いたい。

MISIAが、いつも頭からはなれない。

 

一睡もできず、朝。