読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんた。

なんてことだろう。

仕事から帰ったら、駐車場の近くに毛玉。

まさか、ラッキーが帰ってきてうずくまっているの?

と、思ったら、タヌキさんだった。

どうしたの?

死んではいないけれど、体はすっかり毛が抜けて石のような皮膚になっている。

可愛そうだけれど、そっとしておくことしか出来ない。

丁度、近くに洗濯したばかりの膝掛けが干してあった。

ほら、大丈夫だよ。

怖くないよ。

もっと、早く会いたかったね。ぽんた。

 

猫さんの抗生物質も、水も、飲む力はなかった。

 

うちの猫さんたちに、もしも伝染病だったらと考えると、

物凄く神経質に作業をしなくてはならない。

どんなバイキンがいるかもわからないから。

大変。

 

ぽんた。

天国で、ままのこと待っていてね。

ままを沢山の猫さんが待っていてくれるから、みんなと仲良く待っていてね。