読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの、雨に濡れてもが聞いていたい。

朝から占う。

あなたとの恋の行方。

しかられそう。

「子供たちにいやされてんじゃなかったのか。」

それは、そうだけど、

毎日でも泣ける私がいる。

 

深い藍色の水の上に立っているの?

直ぐに沈んでしまいそう。

子供たちが、せっかく手を掴んで海の上まで連れてきてくれたのに。

暖かな風や光が背中を支えていてくれないと、

倒れてしまいそう。

 

もう、運命を恨まない。

    今が幸せだと思えるから。

だから、傷ついてもいい。

    苦しくてもいい。

私が選んだ道だから。

 

あなたを愛することで苦しむのは、

    幸せ。

    不幸なことではないの。

 

聞いていたい。

雨が降った日の、あなたが歌う

    雨に濡れても

聞いてみたい。

    あなたが子供たちにしてあげた

    読み聞かせ。

私は、人魚のお話をハッピーエンドにして

    お話してほしい。