読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オノ●ヨーコ

オノ●ヨーコ 今のあなたに知ってもらいたいこと を購入。

仕事に出る時間を少しだけ早め、本屋で時間を潰す習慣ができつつある。

田舎なので、昔沢山あった本屋は殆どつぶれた。

今は、ブックオフのような類いの店が多い。

それに、おもしろい本にも出会いやすいようにおもえる。

彼女の本もそうだ。

生きるための、なにか、ヒントがほしい私に、白い表紙の金色の文字が、女同士、お話しましょうよ。と、語りかけてくれているようだった。

おこがましいけれど。

 

本のはじめのほうに、自分がだめになってしまうと思ったとき、始めたのが、人を祝福したこと、という。

クリスチャンならわかる。

敵を自分のように愛しなさい。

敵のために祈りなさい。

その人はわからないのです。

 

彼女は前に進むことができたという。

 

私もいつの日か、苦しんで立ち止まってしまった女性に

ほんの少しでも役に立てる女に成長したい。

良い年をした人のセリフではないけれど。

いつまでも泣き虫の、大人になれない大人だから、しかたない。

心に嘘をついて、夢も希望もあきらめて、人をきずつけてまでも、生きていたいのが大人なら、

ならなくていい。

なりたくない。

生きているのがつらくなる。