読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きるヒント 五木寛之 著 購入

暇潰しにファッション雑誌でも、土地寄った本屋で真新しい文庫本をみつけた。

最近の若手作家はよくわからない。

五木寛之氏の作品は何点か読んで知っていた。

私はそんなに読書家じゃないから、あれこれいえないのだけれど、彼の飾らない自然体なところが好き。

だから、この本をみつけた時すぐに手にとって読んでみた。

心が、好き、と言っていた。

おもわず、1部と2部と両方購入した。

不思議と安い買い物だ、と心の声がした。

 

ひとめぼれの洋服などに出会って、それがまた、とびきり格安で買うことが出来たりすると私は、とても上機嫌になるけれど、本にしても、すてきな本に出会えて嬉しくなるのを心から感じるのは、本当に、

最近のこと。

私の心が必死になにかを得ようとしているのだと思う。

私の心が必死に、自分で、答えを出そうと、苦しんでいるのだと思う。