読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きた証しとして。

先生と呼ばれる存在が好きではなかった。

なので、そういう立場になっても、自分を「せんせいは●●」とは、ほとんど話してないだろう。

昨夜、仕事の帰りがけに寄ったスーパーで、以前勤めていた学童の子供さんとお母さんに偶然お会いした。

私が気がつくと同時に「●●先生」と声をかけてくださった。

可愛がっていた子だったし、もっと一緒にいたい子でもあった。会えたうれしさで、自然と涙があふれた。

 

もちろん、他でも、声をかけてくださる。

みなさん、先生とよんでくださる。

私の嫌いな生き物、先生と。

先生さまにはなっちゃいけない。

いつも、子供たちの、まず、目線で生きたい。

 

私、先生なんだ。

ちょっと、他の先生とはちがった先生かもね。

けど、私の生きた軌跡に、残るかな。

生きた証しとして。

何か、残せるといいね。