読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もがんばろ。

朝から春らしい日射し。

今日でさよならの女の子がいる。

ただ塾をやめるだけのことなのだが、彼女の抱えているものは、大きくて重たそうだ。

「先生は、お父さんとお母さん、どっちがすきだった?」って聞かれ、私は、両親が共働きだから外に、よその人にあづけられたの。だから、その人たちが好きだったよ。と、いうことをつたえた。

彼女は、親の離婚を目の当たりに辛い思いをしているのかと、気になった。

私は、しっかりしなくちゃ。

支えてあげなきゃならない子供たちは、他にもいるのだから。

泣いてる場合じゃない、よね。