読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光の方へ。

深い海の底から月を見ていたのだろうか。

暗い海の中から空を見上げていたのだろうか。

 

にぎやかな子供たちの声と、小さくて可愛らしい感触の手。私を明るい光のもとへと引っ張って行く。

なぜだろう。

目を閉じると、足もとは、とても冷たくて暗い。

だけど、上を見上げると、そこは、暖かくて眩しいほどに明るい。

私は、今まで、太陽を見ずに、月ばかりを見てきたのか。

地上で生きたいのに、声を出す勇気もなく、心に嘘をついて。

いくら、水の中で美しい声で歌っても現実の快楽にうちけされて、消えてしまったはず。

知らなかった。

地上の世界は、まだ、未知の世界。

私は、水面で大きくジャンプしないと、地面に足をつけることができない。

怖い。

でも、眩しい光の方へ、

泳いでいかなくちゃ。