読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凛として美しく。

ショック。

職場の頼りにしていた先生が二人も辞めていかれれる。

なかなか、全てきにいった職場はないもの。

私も、子供たちがかわいいからやっていられるけれど、

ふっと、前の学童のイメージがフラッシュバックする時があって、気持ち悪くなる。

いけない。

私はわたし。

凛として生きなくては。

あと、何年生きるかわからないけれど、

残りの人生、いのちを、

私自身の美しい時間にしなくちゃ。

女に生まれたのだから、

イメージした美しい女性になって生きなくて、死にたい。

 

泣かないわ。

嘘つきのあなたに心をえぐられても。

泣かない。

運命を恨むだけ。泣かない。

きっと。