昼の月

昼の月がでていた。

大根の月だ。

向田邦子さんの、ずしりと重い小説で、印象深く残っている。

昼の、その月はあまり見かけることがない。

なんか、ラッキーな気持ちになった。