読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花凛

花凛という占い師を知った。

おどろいた。

彼と私は昔、兄妹の関係だったでしょう。彼は私にとって偉大な存在で、自慢の存在だった。

当たっていたの。

彼は、大きな愛でいつも包みこんでくれていたから。

 

会えない今は辛い。

 

私も、彼にふさわしい女性にならなくちゃ。

頑張って、ならなくちゃ。