読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き甲斐

生き甲斐とは、他人から自分の存在が認めれ、評価されることによってうまれる。→社会における役割の実感。

教科書に書いてあった。

納得した。

認知症を患っている方だって、障害のある方だって、私だって同じ。同じよ。誰からも必要とされずに、帰れよ、消えろ、おれの言うことだけやってればいいんだ、的な、抑圧された生き方だったら、言葉も、目の輝きさえもなくなるよね。

私はどう生きたらいいのか、また、模索しはじめてる。

残された時間。

命の時間。

真剣に考えてみたい。

 

死に支度だ。これはネガティブな意味ではなくて。

いつ、その時が来ても

後悔しないように。

 

時計の針の動く音だけが響く。

 

とりあえず、筆記試験の勉強をしなくちゃ。