読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十五夜

今夜の十五夜お月様は、見れないと思っていた。

すてき。

ピカピカに輝いていた。

日中降った雪は、すでに氷になっている部分もいった。

彼も同じ月を見ながら家に向かったのね。

同じ月の下にいる幸せ。