読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膨らんで行く月のように。

愛する天のお父様、どうか私の心のかさぶたが、はがれませんように。 大好きな、彼に、 笑顔で、ありがとう、が 言えるまで、 お願い、 もう少しだけ、 私を強めていてください。 悪魔に暗闇に連れていかれないように。 義の右の手をはなさないで。 唇からも…

風邪いやーーーーーーー。

昨日入れた入浴剤が良い香り。 寒くてコンビニで買ってみた。 花果実の香りって書いてあったかしら。 ピンクに染まった湯船、良い香り。 あまりに良い香りなので、そのまま、朝も夜も追い焚きで入浴。 ミストもローションも、ローズの香りにした。 んーーー…

寒いね、うぐいす。

おはよう、うぐいす。 今朝は寒くて、歌えない? 雨、降ったようだね。 寒い。 昨日痛かった喉も、今日はOK。 大丈夫。 パジャマが真冬日に戻ってしまったわね。 すみっこぐらしのマイクロファイバー パジャマって、大人ものより子どもの物のほうが ふんわり…

主イエス様の栄光。

主イエス様、感謝します。 今、とても主の栄光を感じます。 主の恵みによって与えられた仕事。 そこで出会った子どもたちによる、輝く癒し。 ゴールデンウィークを前に、本気で震えていました。 でも、今、不思議と、 あなた様の光の中にいるような気持ちで…

ありがとうね。みんな。

みんな、今日は楽しかったね。 レターラックも、ポシェットもできたね。 次は、何を作ろうかな。 やっぱり、母の日の工作かしらね。 んーー、考えるわーーー。 今日は、20分でいいから、まだいてよ、なんて言われて、 とっても嬉しかった。 がんばって、お仕…

今日は紙ざらで楽しもう。

みんな、今日は、紙ざらでたのしもうね。 レターラック。 どんなのできるかしら。 楽しみ。 クラフトパンチ使わせてあげましょう。 曇り空。 風が強い。 何処かで雨が降っているのかしら。 楽しんでこよう。るん。 可愛いい子どもたちが、待ってる。 遊ぼう…

八重桜、会いにいくよ。

ローズソルトをまぶしたような、 さくらの木はもうない。 お塩を、ほとんど使わないから、 ピンク色したローズソルトを使っている。 指先でほんの少し摘まんで、 オートミールに入れる。 子どもの頃、葉桜が好きだった。 自然界の色合いが美しいと思った。 …

働くしかない。

おはよう、うぐいす。 昨日も、今日も、寒いね。 昨日は、泣きすぎた。 顔が、腫れちゃった。 うちに立ち寄る〇〇〇の証人、 彼女らに 桜、見にいかれましたか。 優しそうなだんなさんと。 あちこち、とても、 聞かれている間に、嗚咽。 苦しくて、 心が吐き…

背中の白いちいさな羽。

明日は、何を作ろうか。 何をして楽しもうか。 子どもたちの笑顔に心が癒される。 今日は、突然、一人の先生が辞めていった。 なんで。 なにも言ってなかったじゃない。 私は、今、辞められない。 わずかでも、生活費になるし、 子どもたちの癒しがなかった…

早く帰ってきて。逢いたい。

色画用紙を使って鯉のぼりを作った。 子どもたちの意外な発想がおもしろい。 こんな風に、仕事に夢中になれるのは、私にとってラッキー。 ひとりでいるときがいけない、 どうしようもない、孤独感。 なぜ、うそをついたの。 どうして、バカにした態度をとっ…

ぼろぼろの汚れた心をあわれんで下さい。

普通に、笑って、 あたりまえの会話をしたかった。 泣いて泣いて泣いてばかりの私に、 また、言うのかな。 騒がないで。 また、お墓参りが巡ってきた。 前月は行かれなかったから 今月は素敵なお花たくさん飾ってあげましょう。 お話、聞いてもらおう。 本当…

ことばが、みつからない。

おはよう。 今朝も寒いね。 メール。 あっ、とおもって、開く。 なぜかわからない、涙が溢れる。 返す、言葉がみつからない。 おやすみなさい。 それだけ、送った。 私は、 これでいいのかしら? ただ、今、やれること、やるべきことをしているけれど。 私の…

土台作り。

初めて二つの仕事を掛け持ちした。 と、いってもひとつはボランティア状態だ。 無報酬。 占いに、今年は土台作りとでているから、そうなのだろう、ということにしよう。 ただ、喜んでいただけたのは 大変嬉しい収穫。 牛乳パックを利用したカトラリーと、簡…

寒い、朝。

おはよう、うぐいす。 今週も始まったね。 日曜日には、教会に行かれる。 Tonyaたちにも、会える。 私も、お仕事しっかりやらなきゃ。 メールありがとう。 私も、しっかりスキルアップして、 お友だち広げて、 笑顔のすてきな女性でいたい。 昨日、教会の先…

壊れた器をも。

今日の祈り。 心を主が清めてくださる、というメッセージを聞くことができた。 賛美も、 壊れた器も、主があわれんでくださる。 そういった賛美だった。 礼拝が始まるまで、先生にが賛美の伴奏をリハーサルされる。 それは、優しくて心地よい。 思わず、思い…

おはよう、うぐいす。

おはよう、うぐいす。 雲、ひとつない空だね。 先生は、滝桜のスケッチに行かれたかしら。 私は、贅沢? 自分の足で歩いて空を見上げることもできるのに。 いつだって、空はあって、 太陽の光も、月の輝きも、星の煌めきも、 風の囁きも 花の香だって、 私は…

お気まぐれ、お天気。

北海道は雪なの? どうりで寒いわけ。 昼から風が冷たいのだもの。 パフスリーブのTシャツで寝られるわ、とか お風呂上がり用に、サンドレス出しておかなくちゃ、なんて思っていたのに、 春のお天気は、 お気まぐれ。 明日は、 ふーん。( ・-・) もっと寒い…

主イエス様の光をあびたい。

主イエス様、あなた様に感謝し、祈る手が、 手の指先が、今も痛い。 主イエス様、助けて。 罪でも、悪でも、彼を愛したいと思った。 けれど、今は、 私が結婚を決心した時のように、 泡になって消えてしまいたい。 主イエス様に祈る手は、毎日私の顔を覆い、…

ぼろぞうきん

ボランティアに行って、逆に 元気をいただいてきた。 ずたずたに切り裂かれた心は、 ぼろ雑巾。 どんなに、たたんでも、 ぼろはなおらない。 まさか、 こんなに傷ついているなんて。 自分自身気づかなかった。 仕事では、子どもたちに癒され、楽しい会話がで…

おはよう。

これからボランティア活動。 少し、寒い。 ジャケット来ていこう。 可愛い少年少女合宿団。 いってきます。

子どもたちは元気。

今日も、気持ち良かったね。 どうやら、子どもたちと外遊びの係に、ばつ的されそう、 いや、既になっているのかな。 子どもたちと1時間くらい外で遊ぶのは、凄く楽しい。 ただし、お天気による。 今日は遠足の子も多く、ぱらつく雨に不安になったけれど、ほ…

泣き顔 つっぱる。

いつの間にか眠っていた。 あんなに走ったのだから、眠れないはずはなかった。 夜も、いつものように少しだけど坂道を走った。 泣き顔が、つっぱった。 朝ご飯の仕度をしていても哀しみが襲ってきた。 哀しみや苦しさを抱えているのは、 自分だけではないの…

逢いたい。

眠れない。 大丈夫、と思っていたのに。 もう、会えないことわかっていても、 もう、大丈夫。 なのに、 涙が後から後から溢れて止まらない。 苦しくて、 あなたからのメールを読み返し、 涙が後から後から溢れてくる。 バカみたいでしょ。 相手にされてない…

みんな、今日はたのしかったね。

女子会は楽しかった。 ランチは半分しか食べられなかったけれど、 会話は、おもしろくて、笑えた。 また、約束できてしあわせ。 次は、夜。 お酒有りかも。 たまにはいいよね。 楽しみー 久しぶりの外遊び。 鬼ごっこ、色おに、だるまさんころんだ、ロケット…

体じゅうで感動したい。

ぼやぼやしてはいられない、と思った。 真鈴さんというお嬢さんが、日々体を鍛えながら世界を制覇している。 その姿はオーラで耀いていた。 気づいたら時間がなかったのだから仕方ない。 しがらみに自分を使わなければならなかったのだから。 それでも、 父…

女子会、わーい🎵

おはよう、うぐいす。 昨夜は、吹き荒れるかぜの音に、身震いしていたのじゃない? 私も、同じだよ。 眠ろうとしても、 ゴーッ、ゴーッ、ゴーッ、ドーン、ゴーッ。 いつ、眠ったのかわからなかった。 メイプルに起こされたの。 きょうは、職場の女子会がある…

おやすみなさい。ねむれないけれど。

もしかして、竜巻? なんて。 ものすごい音。それと、 時々、ドーンと風が家にぶつかる音と揺れ。 ネコさんたちも今夜は、体よせあっている。 長い。 何事もないことを祈るばかりです。 こういう時、外わんこ は、かわいそう。 彼はまだ、電車かしら。 電車…

小さな妖精が舞い込む。

暴風だ。 これで、また桜が散ってしまう。 昼間は、緩やかに散る花びらの中を車で走った。 仕事帰りには、路上で、あどけなく戯れる花びらを見ながら帰宅した。 けれど、この時間の風の様子では、無理やりに引きちぎられているよなうだろう。 扉を開けると、…

いってきます。

よかった。 外が明るくなってきた。 大丈夫。 今日は、お肌のコンディションも良く、 可愛くメイクもできたじゃない。 シュシュも、オレンジとホワイトを混ぜたふわふわ。 大丈夫。 大きく息を吸って、 大丈夫。 子どもたちが待っていてくれる。 行かなくち…

どんより。

雷来るのかしら。 あんなにキラキラの日差しが当たっていたのに。 どんよりした雲を見ながらの運転。 深呼吸。 深呼吸。 勘弁して。 たどってきた道だから、消すことは出来ないけれど、 もう、振り返ったりしたくない。 逃げ出したい。 汚い散らかった部屋。…

ね、ペーパームーン。

おはよう、うぐいす。 早起きだね。 今朝は寒いわ。 ブッチーが来ているかしらと、外にでたら、 半月の、二十二夜?ペーパームーン。 今日は工作教室の日。 楽しい工作教室にしなくちゃ。 元気ださなきゃ。 やっと、自分の中の何かが 動き始めたような、 ただ…

油絵の匂いに包まれ。

雨がやんで良かった。 分厚い雲からも、綻びから青い空が見えてきた。 いつぶりだろう。 大切な恩師に会いに行ってきた。 油絵の匂いに包まれて見たかったのかもしれない。 自分の、 今を ほんとうの自分を、 確認したかったのかもしれない。 恩師は、明るく…

逢いたい 今

昨夜の嵐にも負けずに、桜の花が残っている。 嬉しくて涙が溢れる。 お願い、もう、雨、降らないで。 一緒に、桜、見ることも出来なかった。 クリスマスの約束もなかったことに。 そんなに、嫌われたの? 嫌われてまで会えないよね。 たとえ、桜がさいた。で…

会いたい。

会いたい。 飛んでいって、会いたい。 胸が張り裂けそう。 眠れないの。 あなたの心がわからなくて。 苦しいの。 会いたい。 なにもいらない。 ただ、いま、この時、 抱きしめていてほしい。

桜が散る。

雨、お願い、そんなに強く降らないで。 桜も散ってしまうから。 どうしようもなく、不安が襲ってくる。 てきとうに、あしらわれて、ばかなおんな。 ないてばかりいて。 きらわれて。 なにしにきた。なんて、しね、っていってるようなものでしょ。 いっしょに…

外は嵐。

今日、なぜだか泣いてばかりだったのは、夜になってこんなに嵐になるからだったのかしら。 外の音を聞いているだけで怖くなる。 職場の御近所のワンちゃん。いつも短い鎖につながれ、ワンワンないているから、誰かとじゃれているかと思えば、誰もいない。 た…

今日は楽しかったね。

みんな、今日は楽しかったよ。 ありがとうね。 また、明日も楽しいといいね。 明日はもっと楽しいかな。

涙、止まらないの。むね、張り裂けそう。

月はひとりで欠けてゆく。 そして、直ぐに、 生まれてくる。 人も、 スイッチひとつで、そんなことできたらいいのに。 お庭に置いた台の上に林檎を半分にカットしておいた。 メジロが食事にきた。 うぐいすかと間違えてしまう、体の色。 かわいらしい。 一緒…

もう一人の私。

子どもたちが、待っていてくれるでしょ。 部屋を片づけて絵を描きなさい。 あなたには、 それしかないでしょ。 それが、あなたのすべきこと。 私の中の、もう一人の私が言う。

風がよぎった。

自分の気持ちを見つめるために書き始めた。 少しは、心の洗濯になるかなと思った。 去年の今頃から、 徐々に壊れていった心。 あたりまえのように、春だ、と喜べない、 ひねくれた心がある。 素直な心と なんなの、春だからなに。 このまま、誰にも気づかれ…

ほんの一瞬。

おはよう。 うぐいす。 さくら、散りはじめたね。 先日、車を運転していたら、目の前に ふわふわ飛んできたものが。 一瞬、えっ、もう、 桜の花? でも、ちがった。 小さなしゃぼんだまだった。 どこかで、子供が飛ばしたのでしょう、と 辺りをみたけど、???…

復活祭

イエス様の復活祭だった。 私が交わる教会は、国外の方も多く、お話できたり 握手やハグができると、本当に嬉しくなる。 今日は、私の隣りにそれはそれはかわいらしいお嬢さんたちが座ってくださり、ターニャさんと、ニッキーさんだったかしら。確認しなくて…

おはよう。

おはよう。 うぐいす。 今日も一日始まるね。 日曜日だね。 教会に、神様を賛美に行ってこよう。 自分のためじゃなく、誰かのために 祈ってこよう。 そう、体も心もつかれきっている熊本の方たちのためにも、 私はいのらなくちゃ。 私の心の中は、すっかり主…

ふんわり、桜花。

夜桜。 白い泡をのせたように、 静かに咲いてる。 ふっと、息を吹きかけたら、 この泡、吹き飛んでしまうのじゃないかしら、と 思うほど、 ふんわり、やわらかい、桜花。 もう、散ってしまうの? 早すぎない? 足元に、花びらが散っていた。

走ってこよ。

封印していたローズミストも、ローズの香りのボディーローションも、アナスイのコロンも、 みんな使おう。 お風呂あがりに、うなじから、全身にローズミストをかぶった。 涙があふれた。 すごく、叱られるよね。 でも、私、大好き。 この、バラの香り。 癒さ…

暗くなってきた。

もう、御夕飯の支度かしら。 おそい昼食をとったせいで、少しもお腹すかないわ。 どうしよう。 簡単に、ロコモコみたいにしちゃおうか。 オムライス? あっ、また、雲が広がってきた。 灰色の雲。 地震? くる?

驚く数字。4人に1人。

たった今知ったこと。 二十歳以上で自殺願望のある人は、四人に一人だという。 電話をしてくる人の中には、既に準備をしてかけてくる人も何人もいるらしい。 簡単には、止めます、とはならない。 最後に、誰かと話がしたかった。 最後に、ちゃんと話を聞いて…

まさかの雨に。

あんなに、暖かな日差しがあったのに、 まさかの雨。 さっき、雷も少しなったかな。 オノ・ヨーコさんが、「そこに、神様が介在してくださって いるときがあります。」と、おっしゃられていたのをおもいだす。 神様のなさる業は、私達人間にははかりしれない…

楽しいお話して。

おはよう、うぐいす。 私ね、夕べもたくさん泣いちゃった。 大好きな彼からメールをもらって、 素直に返信できない苦しさに、 どうしようもない悲しみが襲ってきたの。 まるで、 子どもをあやすように、 無事を確認? 笑いたいわ。 楽しいお話して。 あんまり…

いわなくちゃ。もう、いいの。ごめんね。

悲しくて、メールひとつみるだけで涙があふれるくせに、 どうしていいのかわからない自分がいる。 もう、むり。 どんなに会いたくても、 もう、言えない。 私が逢いたがることは、嫌。 迷惑。 神様、教えて。 逢えないわたしは、 いつ、 もう、いいよ、って…