おかえり。

会いたい。

会いたい。

心にふたをしないで。

会いたいのは、私だけ?

心がはりさけそう。

 

でも、会うのがこわい。

なぜ。

これは、ときめきのそれではない。

 

こわい。

おそれている。

 

また、泣くの?わたし。

 

また、暗い海の底に沈んでいくの?

会いたいのに、こわい。

 

信じられる言葉が

聞きたい。

 

メールが優しい。

急に、優しくなったのはなぜ。

嬉しいけれど、かなしい。

 

子供たちの教科書にある「エルフ」のように、

「ずうっと、ずっと大すきだよ」なんてききたい。

ままごとみたいに、二人自由に居られる場所があったら、

おかえりなさい、だって言えるし、言ってもらえる。

おかえり。

 

家にいるのが孤独すぎて、心が壊れていく。

 

明日は今日より暖かくなるね

今日も寒かった。

真冬でもしなかったのに、なんと、2日続けてねこさんのためにエアコンをつけていってあげた。

病気になられるよりはいい。

 

今日の東京も寒かったでしょう。

車から見えた近くの山も真っ白でした。

 

 

苦しい。もう、強制終了。

天気のせい?

昨日の晩も優しいメールをもらったのに、もう辛い。

寒いけれど体を動かさなくちゃ。

雑巾がけしていたら、突然、夫の昔の変態ぶりが思いだされて過呼吸になった。

逃げられなかった私自身がバカなだけ。

時間を、返して。

考えても無理なこと。

 

片付けよう。様々なもの。

無駄な物を

ありとあらゆる、やつとのものを、リセット。

夫とは、婚姻が成立していない。

強制終了。

しょんぼり。

ようやく、ホワイトデーのお返しができた。

喜んでくれるかな。

私は、●●●●●

何にも、もらえない。

しょんぼり●●●●●●

オマケに、雨だし。

泣きたい。

泣いたけれど。おもいきり。

 

わかっていることだもの。

 

ただ、

ただ、

くるしい。

孤独すぎる。

おはよう。飛んで行きたい。

雨。

雨はいや。

雨だと、

泣きたくなる。

涙みたい。

 

会いたいのをがまんしているから、

ひとりでに涙があふれる。

 

私だけが、

会いたいの?

 

 

生きるヒント 五木寛之 著 購入

暇潰しにファッション雑誌でも、土地寄った本屋で真新しい文庫本をみつけた。

最近の若手作家はよくわからない。

五木寛之氏の作品は何点か読んで知っていた。

私はそんなに読書家じゃないから、あれこれいえないのだけれど、彼の飾らない自然体なところが好き。

だから、この本をみつけた時すぐに手にとって読んでみた。

心が、好き、と言っていた。

おもわず、1部と2部と両方購入した。

不思議と安い買い物だ、と心の声がした。

 

ひとめぼれの洋服などに出会って、それがまた、とびきり格安で買うことが出来たりすると私は、とても上機嫌になるけれど、本にしても、すてきな本に出会えて嬉しくなるのを心から感じるのは、本当に、

最近のこと。

私の心が必死になにかを得ようとしているのだと思う。

私の心が必死に、自分で、答えを出そうと、苦しんでいるのだと思う。

 

満月だった。

昨夜は満月🌕だ。

私の誕生月、おとめ座満月。

日付が丁度変わる頃、おとめ座満月とか。

でも、既に空に浮かんだ月はまん丸できらきら輝いて美しかった。

輝きは、月を中心に放射状に広がって。

 

昨日もその前も、きっと、野球に夢中なのだわ。

寂しいけれど。

 

お月さまとお話するしかないね。

 

今日から、お天気くずれる。

雨になりそう。